成長の裏に見え隠れする

PC操作する女性の手元

エスビーティーは、柳田裕一氏によるワンマン企業です。
それゆえに、柳田裕一氏の持つ力というのは非常に大きなものとなっています。
しかし、そうした大きな力を持っている人が代表であるからこそ、様々な憶測を呼ぶこともあるようです。
そすいた憶測を呼ぶ原因となった一つのことが、株式の取得です。

株式を取得し大株主となることは、企業として成長をするうえでも非常に有益なことだといえます。
しかし、問題となってくるのは、取得する株式を発行する会社なのです。この会社の経営状況などが問題ない場合には、まっとうな投資に見えます。
エスビーティーの行った株式取得は、まっとうな投資とはなかなか言えないようなのです。
なぜなら、株式取得を行った会社の経営状況があまりよろしくないといわれており、以前には問題も起こしているため、今後その問題を乗り越えるほどの成長があまり現実的ではないと考えられているためです。
わざわざ、経営状況がよくない企業へと投資する理由は普通であれば、理解することが非常に困難です。
もちろん、そうした中でもその企業にしかない技術があるというような場合には、理解はできます。しかし、投資によってメリットを得ることが出来るかというと疑問は浮かんでしまうのです。

とはいえ、今後必ずダメになるというようなこともわからないので、エスビーティーおよび、投資先の会社について今後の動きには注目していく必要がありますし、目を離すことが出来ないといえる状況になっています。